低金利カードローン

MENU

「低金利」そのすべてが本当にお得なのか

キャッシングでお金を借りると、借りた金額に対して利息が上乗せされます。この利息額は、年率○%などと定められた金利によって決まります。

 

つまり元本にかかる金利が低ければ低いほど、支払う利息は少なくなります。ここまではキャッシングの基礎知識ですし、借り入れを検討したことがある方なら絶対に知っていることでしょう。

 

同時に、キャッシングを探すとき、金利の低さで比較したことがあるという方もほとんどなのではないでしょうか。低金利をアピールしているキャッシング会社の説明をよく見ると、実質年率に幅を持たせていることに気づくと思います。

 

例えば、4.7%~14.8%などと書いてあったとしましょう。低いほうの4.7%だけを見て、「この業者は低金利だ」と決め付けるのは早計です。なぜかというと、この4.7%の金利が全員に適用されるわけではないからです。

 

大抵の場合、300万円以上の借り入れを行った方などが低金利適用に該当します。10~50万円程度なら、まず間違いなくその業者における最高金利が適用されるでしょう。

 

業者のほうでも金利の低さを印象付けるために、最低金利だけを大きな文字でアピールしたりしているところが多いです。キャッシングを比較検討する際は、最低金利だけに騙されずに、最高金利や適用条件をよく読むことが大切です。

 

まずはキャッシングを使うなら大手業者からとすべきであり、大手で借りるなら安心の人気のプロミスのカードローンキャッシングがおすすめとなります。

プロミスの借り入れは最短即日融資にも対応しており、インターネット申し込み後に契約機まで行くことが出来れば、週末でも当日中に借り入れを行うことが出来ます。

低すぎる金利にはご注意

 

キャッシングするなら当然、低金利のほうがうれしいですよね。しかしやみくもに金利だけを理由に、借入先を決めてしまうのは考え物。利用者が低金利を探していることを利用しようとしている闇金業者も、この業界には多数存在するのです。

 

通常、キャッシングの金利はどんなに低くても5%程度。それなのに金利1.8%などと書いてあったら、明らかに怪しいですよね。しかし実際このようなあやしい広告は、インターネット上だけでもゴロゴロしています。それだけでなく無担保かつ保証人要らずなのに50万円まで無利子とか、一目見ただけであやしいものまでチラホラ。

 

このような闇金業者は、あからさまに低い金利をアピールして、騙されやすい人を絡めとろうとしています。そして万が一実際に借り入れしたとしても、金利1.8%なんて絶対にありえません。なんだかんだと条件をつけて結果的には暴利とも取れる金利で借り入れをさせられてしまうのです。

 

あやしい広告で半ば騙すように貸し付けを行うこのような闇金業者は当然、違法です。もし返済が滞ったりすれば、莫大な遅延金や暴力的な取り立てが待っているでしょう。明らかにおいしすぎる条件の広告には、飛びつかないことが賢明です。

 

プロミス
プロミス 今日中にお金が借りたい方にぴったりのプロミスのキャッシングで、金利こそ初回は上限での適用となる場合がほとんどですが、ポイントサービス加入で30日間無利息の借り入れも可能となりますので、利息負担を効率的に減らすことも出来るようになります。
実質年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分回答